戸籍・国籍

当館で受理した各種届け出は、まず外務省本省に送られ再チェックを受けた後、本籍地である市区町村に送付されており、戸籍簿に記載されるまでに1.5ヶ月程度の時間を要する場合があります。よって、特にお急ぎの方は、本籍地役所の戸籍係にご相談の上、日本へ直接届け出ることも可能です。手続きの詳細についてわからないことがありましたら、当館へお尋ね下さい。
  
婚姻届
出生届
認知届
離婚届
国籍選択

死亡届等その他の手続きについては、直接当館へ電話でご相談ください。
なお、各種届出用紙は当館にございますがこちらよりダウンロードすることもできます。
 

1.婚姻届

まず、スペイン方式で婚姻手続きを終了し、その後3ヶ月以内に当館(或いは日本の市町村役場)に届け出る必要があります。この届出を忘れるとスペインでは婚姻が成立していても、日本の戸籍上は婚姻の事実が掲載されませんのでご注意ください。
 
必要書類
 1.    婚姻届 (窓口に用紙があります)
      届出用紙のダウンロード   記入上の注意事項
    記入例1-日本人と外国人の婚姻の場合
    記入例2-日本人同士の婚姻の場合
 2通(※1)
 2.  戸籍謄(抄)本 原本  1通
 3.  スペイン婚姻証明書(Certificación Literal de Matrimonio)の原本 (※2)
          和訳つき見本
 1通
 4.  同上 和訳文
    書式のダウンロード
    記入例1 日本人と外国人の婚姻の場合
    記入例2 日本人同士の婚姻の場合
 2通(※1)
 5.  外国人配偶者がスペイン国籍以外の場合・・・
   国籍を証明するもの(旅券/国籍証明書)の原本及びその和訳文
    書式例
 2通
  
(※1) 新しい本籍地を夫又は妻の本籍地と別の市区町村に設ける場合は、1と4に関しては、1通ずつ多く必要です。 
         その際、新しい本籍地の住所の使用可否について、予め新本籍地を管轄する市役所にご確認ください。

(※2) スペイン政府発行の婚姻証明書は必ず Literal を発行してもらってください。(Certificación En Extracto の形式では不可)
    また、カタルーニャ州在住の方は出来るだけスペイン語のものを取得するようにして下さい。
 
その他注意点
※日本人同士の場合、戸籍の原本は二人とも必要です。婚姻届はケースにより3通か4通必要になります。
※日本とその他の国籍を取得している二重国籍者の方の婚姻届については、事前に当館までご連絡下さい。
※外国人配偶者が複数の国籍を取得している場合には、全ての国籍を届出する必要があります。
※日本人同士が日本方式で創設的な婚姻届を当館に提出する場合には事前に当館までご連絡下さい。
 
 婚姻届と婚姻証明書和訳文の記入につき、事前に下書きのチェックも行っております。詳しくはこちらをご参照ください。  

2.出生届

日本国外で出生した場合、戸籍法により、出生の日から3ヶ月以内に 当館(或いは日本の市町村役場)へ届け出ることと定められています。
 例)1月9日生まれ⇒4月8日(届出の期限)。 届出の日は,窓口で受付けた日または郵便が当館に到着した日となります(休館日を除く)。詳細はこちら

なお、婚姻関係にない両親の間に生まれた子を認知した場合、出生届のほかに認知届が必要になります(詳細は認知届の項を参照)。

日本国外で出生し、出生により外国籍を取得した日本国民については、出生日から3ヶ月以内に出生届とともに日本国籍留保の意思表示をしなければ、その出生の時に遡って 、日本国籍を失うことになりますので十分ご注意願います。(詳しくは下記を参照)
 
必要書類
 1.   出生届(窓口に用紙があります)
      届出用紙のダウンロード  記入上の注意事項
      記入例(以下からご自分にあう例をお選びください)
       A 子の両親が婚姻している場合
          A-1 両親が日本人同士
          A-2 両親の一方が外国人
       B 子の両親が婚姻関係にない場合
          B-1 母親が日本人、父親が外国人で、出生後認知がなされている
          B-2 父親が日本人、母親が外国人で、胎児認知がなされている(※1)
 2通
 2.   出生証明書(Certificación Literal de Nacimiento)オリジナル (※2)
   和訳付き見本
 1通
 3.   同上和訳文
     書式のダウンロード
     記入例1 両親が日本人同士
     記入例2 両親の一方が外国人
 2通
 4.   出生した(出産した)病院の名称と住所がわかる資料(封筒・名刺等)  1葉
 5.   外国人配偶者がスペイン国籍者以外の場合
    -国籍を証明するもの(旅券/国籍証明書)オリジナル 及び和訳文(見本あり)
        書式例
 2通
 
(※1) 子の両親が婚姻関係になく、父親が日本人の場合、日本人父が子の出生前に胎児認知することなく出生した子の出生届を提出することは出来ません。
          日本人父が子の出生より前に胎児認知を日本に届け出ていた場合に限り、子の母が出生した子の出生届を出すことが出来ます。
          詳しくはこちら→ 認知届について

(※2) スペイン政府発行の出生証明書は必ず Literal を発行してもらってください。(Certificación del Acta de Nacimientoでは不可) 
         また、カタルーニャ州在住の方は出来るだけスペイン語のものを取得するようにして下さい。

出生届と出生証明書和訳文の記入につき、事前に下書きのチェックも行っております。詳しくはこちらをご参照ください。
 

国籍の留保とは?スペイン人と日本人の子の場合は?

外国で生まれた場合、また両親の片方が日本国籍ではない場合、出生した子がどの国の国籍を取得するかについて、それぞれの国で「血統主義」と「出生主義」のどちらかを採用しています。

血統主義:出生地に関わらず親の国籍を取得するというもので、父系血統主義、父母両系血統 主義があります。
生地主義:父母の国籍に関わらずその出生地の国籍を取得するというもので、アメリカ合衆国など北米南米大陸の国に多い考え方です。

スペイン人と日本人の父母の間の子は、スペインと日本の重国籍者となる(両系血統主義を採用)ため、日本国籍取得を希望する場合は、国籍留保の意思表示を伴う出生届の届出をする必要があります。

また、日本人同士の父母の間の子でスペインにおいて出生した場合は、一般的には、日本の単一国籍者です。但し、父母のどちらか一方がスペインで出生している場合には、子にスペイン国籍を付与されます(条件付生地主義)。

<国籍留保の手続き方法>
前述の出生届用紙の「日本国籍を留保する」という欄に届け出者である父母が、署名押印(拇印可)する。右署名が無い場合は、日本国籍を取得できません。

片方の親がスペイン人以外の場合、当館へ確認して下さい!
 

3.国籍の選択

日本国籍の他に外国籍も持っている方(重国籍者)は、国籍法の規定により定められた期限までにそのいずれかの国籍を選択しなければなりません。

   日本国籍を選択する場合には「日本国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する」旨の届け出をすることになります。積極的に外国籍を選択することがなくとも、この届け出を怠った場合には、官報に掲載された法務大臣の催告等を受けた上日本国籍を喪失することがありますので、充分注意して下さい。

なお、国籍選択の期限は次のとおりです。
 
●昭和60年(西暦1985年)1月1日以後に重国籍となった日本国民であって、重国籍となったのが20歳に達する以前である場合
・・・22歳に達するまでに国籍の選択を行う。

●昭和60年(西暦1985年)1月1日以後に重国籍となった日本国民であって、重国籍となったのが20歳に達した後である場合     
・・・重国籍となったときから2年以内に国籍の選択を行う。

●昭和60年1月1日以前から重国籍となっている場合は、一定の国籍選択期限内に国籍選択を行わなかった場合でも、その期限が切れる日に日本国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言をしたものと見なされる。


国籍の選択の具体的な手続きにはいくつかの方法がありますが、ここでは説明を省略しますので、必要な方は当館にお尋ね下さい。