スペインから日本への帰国・入国について

2022/10/26


【日本への入国時/帰国時に必要な書類】 

〇9月7日以降、日本に到着する方で、ワクチン3回目接種済みであることの証明書(厚生労働省HP参照)を保持している場合は、出国前72時間以内の検査証明の取得は必要ありません。 

出国前72時間以内に実施したCOVID-19に関する検査による「陰性」であることの検査証明

~検査証明の注意事項~
●検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提示が必要です。
「出国前72時間以内の検査証明書」が提示できない場合、検疫法に基づき、日本への上陸が認められないことになります。
●検査証明書の様式は所定のフォーマットを使用して下さい。所定フォーマットは以下のページよりダウンロードできます。
日本に帰国/入国される皆様へ 検査証明書の提出について  (厚生労働省ホームページ)
検査証明書についてのQ&A
●所定のフォーマットを使用することが困難な場合には、任意のフォーマットの提出も妨げられませんが、「検査証明書へ記載すべき内容」が満たされている必要があります。
●有効な検体、検査方法等が記載された検査証明書のみ有効と取り扱います。
・有効と認められる検体及び検査方法等の所定の事項を十分にご確認願います。
・検査証明書の記載内容に記入漏れ等の不備がないか十分にご確認願います。
・任意様式の場合には検体、検査方法等の必要事項該当箇所にマーカーをするなど、検査証明書の確認が円滑に行われるよう、ご協力をお願いいたします。
・医療機関・医師名、印影については、必ずしも各国で取得できない事情があることから、検疫官の判断により、有効な証明とみなすことがあります。
●出発地で所定フォーマットによる検査証明書を取得できない等の特別な事情がある場合には、当館へご相談ください。


Visit Japan Webサービスについて NEW
日本入国手続き(検疫・入国審査・税関報告)オンラインサービス



新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について、詳しくは以下の外務省ホームページをご参照ください。
新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について
(外務省ホームページ)

新型コロナウイルス感染症に関するカナダ(オンタリオ州)、スペイン、フィンランドに大する新たな水際対策措置
(外務省ホームページ 2021年4月6日)

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置 (インド、パキスタン及びネパールに対する措置)
(外務省ホームページ 2021年5月7日)
新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置 (インド、パキスタン及びネパールに対する措置)
(外務省ホームページ 2021年5月12日)
インドで初めて確認された変異株 B.1.617 指定国・地域について (令和3年5月25日更新)
(外務省ホームページ 2021年5月25日)
B.1.617 系統の変異株(デルタ株等)に対する水際強化措置 (スペイン)
(外務省ホームページ 2021年6月28日)
水際対策強化措置に係る国・地域の指定について

(2021年7月6日)
水際対策強化に係る新たな措置(18)(ワクチン接種証明書保持者に対する入国後・帰国後の待機期間について)
(2021年10月8日)
水際対策強化に係る新たな措置(19)(ワクチン接種証明書保持者に対する入国後の行動制限及び外国人の新規入国制限の見直し)
(2021年11月5日)

水際対策強化に係る新たな措置(20)(オミクロン株に対する水際措置の強化)
(2021年11月29日)
水際対策上特に対応すべき変異株等に対する指定国・地域について
(2021年11月30日)
新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について
(2021年12月1日)
水際対策強化に係る新たな措置(21)(オミクロン株に対する水際措置の強化(2))
(2021年12月3日)
水際対策強化に係る新たな措置(22)(オミクロン株に対する水際措置の強化(3))
(2021年12月9日)
海外から日本へ帰国・入国される方へ (厚生労働省からのお知らせ)
(2021年12月14日)
水際対策強化に係る新たな措置(23)(オミクロン株に対する水際措置の強化の継続)
(2021年12月28日)
水際対策強化に係る新たな措置(24)(オミクロン株に対する水際措置の強化の継続)
(2022年1月11日)
水際対策強化に係る新たな措置(25)(オミクロン株に対する水際措置の強化の継続)
(2022年1月14日)
水際対策強化に係る新たな措置(26)(オミクロン株に対する水際対策)
(2022年1月28日)
水際対策強化に係る新たな措置(27)(本年3月以降の水際対策の見直し)
(2022年2月24日)
水際対策強化に係る新たな措置(28)(一部の国・地域からの入国者に対する入国時検査の免除等)
(2022年5月20日)
水際対策強化に係る新たな措置(29)(外国人観光客の入国制限の見直し)
(2022年5月26日)

水際対策強化に係る新たな措置(31) (出国前検査陰性証明保持の見直し)
(2022年8月25日)

国際的な人の往来再開による新規入国のための査証(ビザ)の申請について、詳しくは以下の外務省ホームページをご参照ください。
国際的な人の往来再開による新規入国のための査証(ビザ)の申請  (2022年5月26日)


【バルセロナ市内で所定のフォーマットによりPCR検査等の検査が可能な医療機関】

Centre Mèdic Travessera 
 https://www.cmtravessera.com/


・ASINSA Servicios Sanitarios S.L.P
 https://www.asinsa.info/

・SYNLAB COMTE D'URGELL

 https://www.synlab.com/lab/36952

【リェイダ県内で所定のフォーマットによりPCR検査等の検査が可能な医療機関】

・SYNLAB LLEIDA
 https://www.synlab.com/lab/36963

【バレンシア市内で所定のフォーマットによりPCR検査等の検査が可能な医療機関】

・Universidad Católica de Valencia
 https://www.ucv.es/clinicas-ucv

・Centro Médico AGB
 (鼻咽頭ぬぐい液によるPCR検査のみ受付、WEBページはありません)
 事前予約が必要で、事前の相談で週末も対応が可能です。
 Calle Ruzafa 25, Puerta 2, 46004, Valencia
 E-mail : agilbru@hotmail.com
 Tel : 634-717-202
 
【アリカンテ市内で所定のフォーマットによりPCR検査等の検査が可能な医療機関】

・Quirónsalud Alicante
 https://www.quironsalud.es/alicante/

・Fevan Alicante
 
https://fevanalicante.com/
 

【パルマ・デ・マヨルカ市内で所定のフォーマットによりPCR検査等の検査が可能な医療機関】

・Clínica Juaneda Palma
 https://www.juaneda.es/centro/3/clinica-juaneda


※ 検査証明書は印刷して医療機関へお持ちください。

【日本の空港に関する情報】

※フライト運航は日本国内の感染状況によりますので、事前に各航空会社または空港事務所にお問い合わせください。
※到着空港での検疫方法について確認したい場合は、各空港検疫所にお問い合わせください。


~国際線を受け入れている日本の主な国際空港~
 
・東京国際空港 (羽田空港)
電話:03-6428-0888 (東京国際空港ターミナルインフォメーション) 24時間対応
Web :https://tokyo-haneda.com/index.html
検疫所電話番号:03-6847-9312 (検疫衛生課)
 
・成田国際空港
電話:0476-34-8000 (成田空港インフォメーション) 24時間対応
Web :https://www.narita-airport.jp/jp
検疫所電話番号:0476-34-2310 (検疫課)
 
・関西国際空港
電話:072-455-2500 24時間対応
Web :https://www.kansai-airport.or.jp/
検疫所電話番号:072-455-1283 (帰国に関する相談)
 
・中部国際空港セントレア
電話:0569-38-1195 (テレホンセンター) 6:40~22:00
Web :https://www.centrair.jp/
検疫所電話番号:0569-38-8192 (検疫衛生課)
 
・福岡空港
電話:092-621-0303 (福岡空港案内所 国際線旅客ターミナルビル) 5:00~21:30
Web :https://www.fukuoka-airport.jp/
検疫所電話番号:092-477-0207 (検疫衛生課)

【日本での新型コロナウイルス・ワクチン接種を希望する海外在留邦人等の皆様へのお知らせ】

海外在留法人等向けワクチン摂取事業 ~予約受付の開始と健康被害救済制度に係る手続きの御案内~