トップページへ > 領事情報 > 各種生活情報 > 自動車運転免許

自動車運転免許


スペインでは、日本国運転免許証をスペイン国運転免許証に交換することができます。交換によりスペイン国運転免許証の発給を受ける場合には、日本国運転免許証をスペイン交通総局に提出することになります。提出された日本国運転免許証は、各地方の交通総局から、その地域を管轄する日本公館(カタルーニャ州、バレンシア州、バレアレス州は、在バルセロナ日本国総領事館)に返還されることになっています。 (返還についての詳細はこちら



1.交換できる免許種別
以下の日本の免許に対応するスペインの免許が交換可能です。
大型、中型、普通、大型二輪、普通二輪




2.交換手続きの場所のご案内

(1)バルセロナ交通総局
Jefatura de Tráfico de Barcelona
住所:Gran Vía de les Corts Catalanes, 184, 08071
電話:93-298-6539/6548/6567(総合案内番号:060)
取扱時間:
月・火・水・金 8:30-14:30
木曜のみ  8:30-14:30、15:30-17:30
※セマナサンタ(聖週間)、夏期(6/16-9/15)、クリスマス期間(12/24-1/6中の平日)は、8:30-14:30のみ

(2)バレンシア交通総局
住所:Mora de Rubielos, s/n, 46071
電話:96-317-2000(総合案内:060)
(3)アリカンテ交通総局
住所:Ferre Vidiella 4 (esquina San
    Juan Bosco 12), 03071
電話:96-512-5466
(4)パルマ デ マジョルカ交通総局
住所:Manuel Azana 50, 07071
電話:97-146-5262(総合案内:060)

その他の交通総局は、同局サイトwww.dgt.esでご確認ください。

このページのトップへ戻る

 3.交通総局への提出書類

(1)所定の申請書 (交通総局にて入手可能。また、同局HPからもダウンロード可能)
(2)手数料 (毎年料金改定)
(3)スペイン国滞在許可カード及びそのコピー
(4)日本国運転免許証オリジナル及びそのコピー
(5)当館発行の運転免許抜粋証明オリジナル及びそのコピー(詳細はこちら
(6)申請者が居住する県にある運転適性検査センター(Centro de reconocimiento para conductores)が発行する適性検査診断書
(7)証明写真1枚(32 x 26 mm)
(8)Talón foto(タロンフォト)

*詳細は、交通総局(www.dgt.es)でご確認ください。
*なお、交通総局に日本国免許証を提出する前に、控えとして免許証のコピーを保管されることをお勧めします。


 4.当館最寄りの運転適性検査センター(Centro de Reconocimiento para conductores)の案内

名称、住所、電話番号等
名称 : Centre de Revisions SARRIA-BONANOVA
住所 : C/Vilana 2 (Bonanova通りとGanduxer通りの交差点付近)
電話 : 93-211-3700
開館時間
8:30~14:00(月~金曜日)
必要書類
①スペイン国滞在許可カード
②手数料 (毎年料金改定)

*必要書類や手数料は、各検査センターによって異なる可能性がありますので、事前に直接電話等でご確認ください。
*診断書は即日発行されます。
*交換する免許種別が正しく記載されるように、当館で発行する運転免許抜粋証明のコピーを持参し提示することをお勧めします。

検査センターは、各交通総局の近くにも多数存在し、同局HPより検索することもできます。
 

このページのトップへ戻る

 5.日本国運転免許証についての一般情報

 下記に説明する手続きはすべて、都道府県により若干の違いがありますので、申請場所、方法、   
 必要書類等の詳細は、必ず都道府県の運転免許センターにお問い合わせ下さい。、   
 各都道府県警のホームページにも各種手続きの案内がありますので参照して下さい。
(1)期間前更新手続き
 日本国運転免許証の更新手続きは、原則、有効期間満了年の誕生日の1ヶ月前から1ヶ月後までの間に行わなければなりませんが、やむを得ない理由があるときは、更新期間よりも前に更新手続きを行うことができます。しかしながら、期間前更新手続きを行った場合、その日から直近の誕生日までを 1年と計算しますので、更新後の運転免許証の有効期限が短くなります。
(2)失効してしまった場合の再交付手続き

①失効後6ヶ月以内の場合
運転免許証の更新期間に更新をせず、失効した日から起算して6ヶ月を経過しないものは、適性試験(視力試験等)合格後、更新時の講習と同等の講習を受けることにより、新しい免許証が交付されます。

②失効後6ヶ月以上3年以内の場合
更新期間中に外国にいた等の理由でやむを得ず更新ができず、有効期間を満了した日から起算して3年を経過しない場合に限り、当該理由がやんだ日(つまり海外から日本に帰国または一時帰国した日)から1ヶ月を経過しない間*に、更新することが不可能であったことを証明する疎明資料を提出すると、適性試験(視力検査等)合格後、更新時の
講習と同様の講習を受けることにより、新しい免許証が交付されます。
失効後3年を超えた場合は、最初から試験を受け直すことになります。

*失効日から3年の間に、1ヶ月を超える一時帰国をした事実が過去にある場合で右期間内に再交付手続きをしなかった場合は、失効日から3年以内であっても技能・学科試験免除での免許交付はできません。
(3)紛失・盗難・汚損・破損による運転免許証の再交付(再発行)
有効期間内の運転免許証を紛失、盗難、汚損、破損した場合、所定の申請手続きを行うことによって、免許証の再交付(再発行)が可能です。
(4)外国運転免許証から日本国運転免許証への切り替え手続き
有効なスペイン国運転免許証を有する方(免許を取得後、当該国に通算3ヶ月以上滞在した人に限る)は、以下の手順で日本国運転免許証に切り替えることができます。

1.申請書提出
2.適性試験(視力検査等)
3.日本の交通規則の知識検査*
4.運転技能検査*
            ↓
日本国運転免許証交付

*知識や運転技能の確認は、免除される場合もありますので、各都道府県の運転免許センターにご確認下さい。

このページのトップへ戻る