トップページへ > 領事情報 > スペインの査証・滞在許可等について

スペインの査証・滞在許可等について


1.日本・スペイン査証免除取極(略称:日・西査免取極)について

日・西査免取極(昭和40年4月15日発効)により、スペインでの滞在期間が3ヶ月を越えない観光、家族・知人訪問、勉学の場合、査証(VISA)は不要です。ただし、スペインはシェンゲン協定に加盟しているため、査証免除での滞在は「あらゆる180日の期間内で最大90日間」となっており、 シェンゲン加盟国滞在予定最終日から遡って180日間の滞在日数が算入されます 。また旅券の有効期間が出国予定日から3ヶ月以上残っていることが必要となりますのでご注意下さい。

2.スペインの査証・滞在許可等について

(1)居住査証(留学、就労等)手続き等の詳細については、日本国内にあるスペイン大使館にお尋ね下さい。同大使館の電話番号等は次のとおりです。

◆在京スペイン大使館
所在地:東京都港区六本木1丁目3-29  / 電話:03-3583-8533

(2)査証を取得した方は、スペイン入国後に各県中央政府代表事務所で居住許可(PERMISO DE RESIDENSIA)を申請することになります。
    また、就労を目的として入国した場合(就労査証を取得してきた場合)には、同じく中央政府代表事務所で、労働許可(PERMISO DE RESIDENCIA Y TRABAJO)申請が必要になります。
    これら許可申請にあたって必要となる提出書類・申請手続き等の詳細については、以下を参考にして下さい。

◆会社員、自営業者など就労者の居住許可について
カタルーニャ州政府 電話:012
◆会社員の家族、学生、年金生活者など就労者以外の居住許可について
一般的な情報
・詳細情報
このページのトップへ戻る