日本食普及の親善大使の任命

農林水産省は、海外における日本食・食文化の普及を更に進めることを目的として、平成27年より日本食普及の特別親善大使及び親善大使の任命を行っています。

平成29年度は、日本食・食文化の更なる魅力発信を図り、日本産農林水産物の輸出拡大に繋げるために、国内の日本料理関係者16名と、外務省の協力の下、海外で活躍されている方々から6名、合わせて22名を新たに親善大使に任命し、2月21日に任命式が行われました。

バルセロナからは、レストラン「Koy Shunka」オーナー兼調理師の松久秀樹氏が任命されました。

平成29年「日本食普及の特別親善大使」及び「日本食普及の親善大使」の任命について